Underground Gaming | 3ds/vita

vita・3ds等ゲーム機の改造、裏事情、ハック界のアレコレを紹介します。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Psvita Native exploitリリースへ

wololo.netにてDavee氏がPSvitaのNative exploitであるwebkit exploitを公開したことを伝えていました。

ツイッターにて様々な報告が上がっていますが、3dsやps4では上手く動作せず、また一部のFWのvitaでも動作しないようです。
私が持っているFW3.18のvita本体ではうまく動作しませんでした。
(現状FW2.60でしか動作保障はないが、今後様々なFWに対応予定とのこと)

http://wololo.net/v/260.htm

こちらのサイトにvitaのブラウザを使ってアクセスし、スタートを押せばexploitが発動するみたいです。

【追記】
FW3.18でも動作するwebkit exploitが公開されたみたいです。3.01/3.00での動作報告もあります。
スポンサーサイト

| hack News | 13:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

New3ds買いました

というわけで買ってみました。
第一の目的はスマブラのため....といいたいところですが、
smea氏のHBCも気になりますし、GatewayやMTなどの今後の対応も気になるので。

自分が触ってみて「ここが変わったな~」と思うような変更点を書いていきます。
あくまで主観です;;

・尿液晶
これはまさか初期不良なのでは....?
と思ってツイッターなどを見てみると結構な数の人が尿液晶だということが判明。
もうこれが仕様なんだと思って使います(泣

・Cスティック
何がスティックやねん...ただの突起じゃないですか;;
固すぎてうんともすんともしません。
もちろんスマブラでも使ってみましたが、慣れるまでに時間は必要ですね。

・挙動の速さ
これは確実に旧型よりも早いです。
CPUの強化を豪語しただけはありますね。
オンラインの快適さも改善されているという報告もあります。

・SDカード
ドライバーを使わないと取れないみたいです;;
めんどくさ....

・画面の大きさ
ただのLLサイズ画面

こんなところでしょうか。
現状買う価値無しです。今後N3ds専用タイトルがバンバン出るというのならいいのですが。
ゲームでCステを使おうなんて考えで買わない方が私はいいと思いました。
色々のための実験台として持っておきます。

| 日記 | 11:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MT-Card更新、MT card Software Ver2.1 released

MT-Card公式サイトにて、MT-Cardの最新verがリリースされたことを伝えていました。

主な変更点は以下の通りです。
セーブデータのバックアップ機能が追加。
公式カートリッジからセーブデータをバックアップすることができ、SDカードに.savの形で保存できます。

セーブデータのリストア機能が追加。
SDへバックアップしたセーブデータを公式カートリッジに入れることができます。

3dsのROMの吸出し機能が追加。
SDカード内に.3dzの形で保存されます。

.savを.zavに変換できる機能の追加。
MT-cardで作成したゲームのセーブデータファイルを公式カートリッジでも使用できるようになるとのこと。

.sazを.zavに変換できる機能の追加。
またその逆もできるようになるとのこと。

なお詳しい特徴も書かれています。
1. A variety of encryption methods are used in the existing savegame. When the encryption method is Ver6.0, “Backup 3DS Savegame” file is *.zav. This save file can be used in flashcard, and it is online supported, it can also be restored to the original game card(card A to card A)
3dsゲームのセーブデータには様々な暗号化方式が使われています。バージョン6.0の暗号化方式が使われているカートリッジでは、バックアップした際、そのファイルは.zavの形で保存されます。この.zavで保存されたセーブデータはMT-cardで使用することができ、オンラインにもサポートしています。また、正規カートリッジへのリストアも行えます。

2. If the encryption method is not Ver6.0, the backup file is *.sav. This save file can be used in flashcard, it can also be restored to the 3DS game cartridges(same games), of any ID.(Card A to Card A/Card A to Card B). Or via the Sav to Zav function, to generate a new *.zav file. It is online supported after conversion.
もしカートリッジの暗号化方式がバージョン6.0ではなかった場合、そのセーブデータは.savの形で保存されます。
このセーブデータはMT-Cardで使用することができ、また正規カートリッジ(固有IDに依存せず)でも使用することができます。ただしこの機能を使うためにはsav→zavへの変換を行わなければなりません。そうすればオンラインにも対応されます。


3. As the previous ROM files do not contain the save file information, all the generated save file size is 512K. If the actual game save file is 128k, we can’t “Restore 3DS Savegame” 512K save file to 3DS game cartridge. To solve this problem, our dump ROM files contain the save file information, and all the save files can be restored to 3DS game cartridge.
以前のバージョンでは吸い出されたROMファイルにセーブデータの情報が含まれておらず、生成されるセーブデータのサイズは512KBで統一されていました。そのため、もし実際のセーブデータファイルが128KBだったとしたら、それを正規ROMにリストアすることはできませんでした。この問題を解決するため、MT-Cardで吸い出されたROMにセーブデータの情報が含まれるようにし、またすべてのセーブデータファイルを正規ROMでも使えるようにしました。

※誤訳があったら申し訳ありません。ご報告いただけると幸いです。

一時期公式サイトが見れなくなって話題になったMT-Cardですが、売り逃げという心配は杞憂だったみたいです。
現状機能的にはGW以上に見える気がします。セーブデータ関連を外部ツールに頼らず解決できるようになった点はなかなか良いのではないでしょうか。
今後のGWTeamの動きにも注目です。

| hack News | 10:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

New3dsでもHBCが動く?FW9.0公開へ

3dsの最新ファームウエアver.9.0が公開されていました。

New3dsの発売も近くなり、以前話題になったhomebrewchannelの動向も再び注目したいところです。
一度延期になってしまったsmea氏のhomebrewchannelですが、延期したことによって対策されるのでは?
と不安の声も上がっていました。

延期が決定してからFW8.1、FW9.0と二回のアップデートがありましたが、いずれも対策されている様子はない模様です。



9.0試してみよ



細かいことはともかく、homebrewchannelは動くね!

new3dsの日本での発売日は10/11、海外での発売日は2015年以降とも言われています。
どちらの発売日に向けたリリースになるのかは気になるところですが....



僕がnew3dsを入手するまで約二週間あるけど、それまでは色々と弄れないからね。もう少し我慢して!

この言い様だとまだどちらとの判断もつかないですね。



順調にいけばN3dsが発売されたあとすぐにSSSpwnが使えるようになるってことで間違いない?



発売されてから5~6週間くらいは見といてもらいたいかな。 その時になってみないと分からないけどね

日本版と海外版発売の丁度真ん中あたりがリリース予定日でしょうか。
それまでに対策されないことを祈るばかりです。

| hack News | 21:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PSvita FW3.30公開へ

SCEJAがシステムソフトウエアの最新版であるFW3.30を公開していました。

今回のアップデートで追加された機能は以下の通りです

....と言いたいところですが、
Exploit方面で様々な対策がなされたみたいですので、それを確認していきます。

・Package installerへの対策


・kernel exploit(日本版)への対策
3.18 TN-V10 – Mystylist (JP)
3.18 TN-V10 – Patapon 1 (JP)
3.18 TN-V10 – Patapon 2 (JP)
の対策が現在確認されています。




長く更新していない間に様々な大事件が起きていたのですが、私生活が多忙なため情報を追っていくことができませんでした。
Vita界隈で最近起きたことをまとめますと(大人のためのゲーム講座様へのリンクです)、
Exploit流出事件
Native Exploitのリリースが確定

Exploitのリークについてですが、私自身これはシーンを発展させていくには必要不可欠なものだったと思います。
タイミングの良し悪しについては分かりませんが、現状のTN-V/VHBLのいたちごっこを終わらせるにはこの方法が最善だったのかもしれません。
Native Exploitのリリースもあるみたいですので、3.30へのアップデートは控えた方がいいかもしれません。

・kxploitは対策済
・オープンソースコンテンツ管理アシスタントQCMAは対策済
・OpenCMAは動作確認
・SKFU氏のメールのリンクで起動させるPackage Installerは対策済
・絶対ヒーロー改造計画exploitは対策済
・Gladiator Begins exploitは対策済
・流出したexploitが全部対策された訳ではない。動くものもある。
・パタポン2のセーブデータは読み込み可能
・Gladiator Beginsはセーブデータ読み込みはできるが、アイテムボックス選ぶとフリーズして「エラーが置きました。(C1-2858-3)」発生
・鉄拳2はメニュー読み込まず黒味のまま
・某氏の未公開exploitのHello World起動せず
・Package Installerはメールリンクをタップすると「ただいまこの操作はできません。」
【引用】 http://gamegaz.com/2014100215115/

| hack News | 19:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。