FC2ブログ

Underground Gaming

ゲーム機の改造、裏事情、ハック界のアレコレを紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PSvita FW3.30公開へ

SCEJAがシステムソフトウエアの最新版であるFW3.30を公開していました。

今回のアップデートで追加された機能は以下の通りです

....と言いたいところですが、
Exploit方面で様々な対策がなされたみたいですので、それを確認していきます。

・Package installerへの対策


・kernel exploit(日本版)への対策
3.18 TN-V10 – Mystylist (JP)
3.18 TN-V10 – Patapon 1 (JP)
3.18 TN-V10 – Patapon 2 (JP)
の対策が現在確認されています。




長く更新していない間に様々な大事件が起きていたのですが、私生活が多忙なため情報を追っていくことができませんでした。
Vita界隈で最近起きたことをまとめますと(大人のためのゲーム講座様へのリンクです)、
Exploit流出事件
Native Exploitのリリースが確定

Exploitのリークについてですが、私自身これはシーンを発展させていくには必要不可欠なものだったと思います。
タイミングの良し悪しについては分かりませんが、現状のTN-V/VHBLのいたちごっこを終わらせるにはこの方法が最善だったのかもしれません。
Native Exploitのリリースもあるみたいですので、3.30へのアップデートは控えた方がいいかもしれません。

・kxploitは対策済
・オープンソースコンテンツ管理アシスタントQCMAは対策済
・OpenCMAは動作確認
・SKFU氏のメールのリンクで起動させるPackage Installerは対策済
・絶対ヒーロー改造計画exploitは対策済
・Gladiator Begins exploitは対策済
・流出したexploitが全部対策された訳ではない。動くものもある。
・パタポン2のセーブデータは読み込み可能
・Gladiator Beginsはセーブデータ読み込みはできるが、アイテムボックス選ぶとフリーズして「エラーが置きました。(C1-2858-3)」発生
・鉄拳2はメニュー読み込まず黒味のまま
・某氏の未公開exploitのHello World起動せず
・Package Installerはメールリンクをタップすると「ただいまこの操作はできません。」
【引用】 http://gamegaz.com/2014100215115/

| hack News | 19:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PSvitaに.PKGファイルをインストール? Package Installer on Firmware 3.18:

The Z氏が自身のTwitterにて、FW3.18のPSvitaでPKGファイルのインストールに成功したことを伝えていました。




【手順】
1. The Z氏のサイトへ行き、自分のメールアドレスを打って送信
2. VitaでEメールのアプリを立ち上げ、skfu@で始まるアドレスから自分のアドレスへメールが送られてきたことを確認し、開く
3.パッケージインストローラーの画面へ勝手に切り替わる
4.ここからDRMフリーのPKGファイル(facebookを例として挙げときます)をダウンロード
5. QCMAをインストール
6. QCMAを起動させながらvitaをPCに接続する
7. QCMAに表示されているPackageのフォルダパスを任意の場所に設定し、そこにDLしたPKGファイルを置く
8. VitaのパッケージインストーラからContents Manafer Assistantを選択し、PKGを選んでインストール

今までこのパッケージインストーラというのはデバッグ機専用の機能でしたが、ついに市販機、そしてエンドユーザでもできるようになりましたね。
今回このような手法を考案したのはSKFU氏です。彼はPSvitaの開発機を所有しているそうで、VitaのNative Exploitも持っているだろうとされています。実際にそれらしき画像も以前話題になってました。
まだあくまでもDRMフリーのものに限られますが、大きな進展ではないでしょうか。
私としてもこのブログ初のVitaの記事を書くことができて嬉しい限りです。ホントに話題がないので...(TN-Vくらい)

| hack News | 03:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Backup Loader? homebrewからRomの起動に成功か



いえええい




新しいバージョンのmakeromというのを使って、.3dsの拡張子から.ciaの拡張子に変換できるよ。ただまだ不安定だけどね。



homebrewは普通に動くよ。でもこの方法はhomebrewを遊ぶための方法としてもいいんだけど、Backupの方は簡単にインストールできるからそっちの方面でも使えるね。

一番上の画像から分かることは、DevMenuというソフトを起動しながらもその中で3dsのRomを起動できているということです。
DevMenuの下にあるマリオのアイコンは正規Romのアイコンだと思われます。

homebrewからRomをロードする、pspで言うところのいわゆる"IsoLoader" という認識で合っているのでしょうか。
smea氏はバックアップ起動に関しては出来ないとの主張を繰り返していましたが、実際のところはどうなんでしょうね。
リリースの予定はないようですが、新たな領域に踏み込めた感じがして良いですね。

一つ疑問に思ったのが、まだsmea氏からSSSpwnのリリースがなされていないのにも関わらず、3dsにHomebrewをインストールできた人がいたということです。
水面下で当人たちが繋がっているという話なら納得ですが、そうでないとするならば別々のexploitを持っているのか、また偶々SSSpwnと同じexploitを見つけてしまったのか。これはあくまで私の妄想ですけどね。



ってかどうやってDevMenuをインストールできたの?

やはり同じことを聞いている人がいました。これは気になりますね。

| hack News | 10:52 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今更?ポケモンXY  フーパ/ボルケニオンの入手方法

こういった一つのゲームに焦点を当てた記事を書くことは少ないのですが、ポケモンは昔からバグやら裏ワザなどがあるため結構好きです。対戦などは全くしませんがね。

興味がある方向けの記事となってしまいますがご了承ください。
しかも今回ご紹介する方法は約1ヵ月前にGBAtempで公開された内容となっておりますので、少々古い記事となっております。

現在未解禁とされており未だ入手方法が確立していない幻のポケモン、フーパ/ボルケニオンを入手することができます。
(他にもクラウン系やその他限定ポケモン、育成済みポケモンなどがありました。)
改造ツールにはセーブエディターやPARなどもありますが、それらのツールを持ってしてもこの2体を入手する方法は公開されておりません。(多分)
逆に現在この二体のいずれかを持っている人がいるならば、確実にマジコンユーザーです。
セーブエディターでもコードがあるみたいです
オンラインでの使用はご遠慮ください。

【用意するもの】
・FW4.1~4.5の3ds本体
・ポケモンの公式カートリッジが動作する3ds本体(なんでもよい)
・Gateway3ds
・改変セーブデータ(ポケモンXはこちら、ポケモンYはこちら)
セーブデータツール①
セーブデータツール②
※①でうまく動作しない場合は②をお使いください。

【手順】
1. Gateway3dsを使用して、公式カートリッジからRomの吸出しを行う。
2. microSDから吸い出したRomを取り出し、PCへ保存しておく。
3. 改変セーブデータを上記のリンクからDLする
4. セーブデータツールもDLし、起動する

キャプチャ

↑私は②の方を使いました。この画面が出ればOKです。

5. "OPEN"をクリックし、保存してあるRomを選択する。
6. Backup saveを押す
7. Restore saveを押してから、改造セーブデータを選択する。
8. ツールが勝手に改変セーブデータをパッチしてくれるので、しばらく待つ
9. パッチされたRomを再びmicroSDに戻し、Gateway3dsから起動する
10. 公式カートリッジが入った3dsも起動し、ポケモンを起動。
11. 両3ds間で赤外線通信(一番上のやつ)を行い、ポケモンを交換(フーパ/ボルケニオンも交換可能)

これで公式カートリッジでフーパ/ボルケニオンを入手することができます。
なお改変Romでは、ボックスの中に多くのポケモンが保存されています(フーパ/ボルケニオンも)

お疲れ様でした。くれぐれもオンラインでの使用はご遠慮ください。

| hack News | 11:31 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MT-Cardがチートに対応、"MT card Hardware Ver2.0 & Software Ver2.0 released"

Mt-card Teamが公式サイトにてver.2.0へのアップデータを公開していました。

今回のアップデートでの大きな変更点はセーブエディターが使えるようになったことです。
また、その他にもGateway3dsに準拠した機能が搭載されています。

【Mt-card ver.2.0の変更点】
・セーブエディット機能の搭載
・exフォーマット、128GBのSDに対応
・Homebrew起動に対応
・Mt-menuのデザイン面を向上、Rom選択をより直観的に行えるようにした。

なお、セーブエディット機能を使えるゲームは以下の通りです。

0121 Monster Hunter 3G Capcom ja CTR-AMHJ 0004000000048100
0256 Monster Hunter 3 Ultimate Capcom en CTR-AMHE 00040000000AE400
0240 Monster Hunter 3 Ultimate CapcomEurope CTR-AMHP 00040000000B1D00
0754 New Super Mario Bros 2 Nintendo ja CTR-ABEJ 000400000007AD00
0819 Devil Summoner: Soul Hackers Atlus ja CTR-AHQJ 0004000000091000
0254 Paper Mario Sticker Star Nintendo en CTR-AG5E 00040000000A5E00
0221 Sengoku Musou Chronicle 2nd Koei ja CTR-AZCJ 00040000000A4D00
0348 Theatrhythm - Final Fantasy Square Enix ja CTR-ATHJ 0004000000078200
0394 SD Gundam G Generation 3D Namco Bandai ja CTR-AGJJ 0004000000071A00
0745 Mario & Luigi RPG 4: Dream Adventure Nintendo ja CTR-AYMJ 0004000000060600
0753 Paper Mario - Super Seal Nintendo ja CTR-AG5J 00040000000A5D00
0204 Kingdom Hearts 3D - Dream Drop Distance ja CTR-AKHJ 000400000004EE00
0255 New Super Mario Bros 2 Nintendo en CTR-ABEE 000400000007AE00

なお、Mt-Card Teamは情報解析のため、セーブデータを募集しています。
興味がある方はTeamにセーブデータを送ってみてはいかがでしょうか。

今までGateway3dsの後を辿ってきたMt-Cardでしたが、ここにきてついに差別化を図ってきましたね。
というものの、Gateway3dsにもこのセーブエディット機能が搭載されるのは時間の問題でしょう。

smea氏のhomebrewchannelのリリースが延期になってから、これといったニュースがシーンではありません。
このような中、Gateway TeamやMt Teamなどが精力的に動いてくれるのは、シーン活性化にも繋がるので良いですね。
なんだかんだで今まで売り逃げだのFakeだの、様々な疑惑を掛けられてきた3dsマジコンですが、現に今もこうして開発を続けてくれているのは嬉しい限りです。
New3dsにもなんらかの手を売ってくれるだろうと、期待しています。

| hack News | 20:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT